『My Story』
~ミホ・ワールド~
わたしは、Baby
恋人の胸に包まれて
まるで赤ちゃんのように
わたしはぐっすり眠った。


この街で身寄りのないわたしは
いつも不安に怯えていて
明日には自分は
本当に孤児になってしまうのではないかと
不安を募らせる日々が続いている。

わたしには誰もいない。

それがどれだけ心細いことか。
『孤独』

この連休は
その思いを払拭するかのように
恋人は優しくわたしを抱きしめて
眠ってくれた。


わたしは
まるで赤ちゃんのように
ぐっすりと眠った。

幼いころ
父も母も与えてはくれなかった。
オトナになって
温もりを求めて放浪するように
幾つかの恋もしたけれど
誰もこんなふうには
包んではくれなかった。
体の関係を持って
それでおしまいだった。


長い放浪の旅は
もう、終わり。
欲しかったのは
こんな温もり。

ようやく巡り合った恋人と
ふたりで過ごした
4回目の
ゴールデン・ウィーク。


関連記事